「チャレンジ! 音のある英語絵本100」<第2期>へようこそ

 ~親子で楽しいひとときを過ごしながら、本物の英語の音をたっぷり聞いて、英語力のベースになる耳をつくっていただきたいと思い、 英語の絵本クラブ事務局ではこの企画をはじめました。
 このたび第1期に参加したお子さんが1,000名を突破したことを機に、パワーアップして第2期をはじめることとなりました。 たくさんのお子さんに参加していただけたことを光栄に思います。

 少子化の続く日本では、子どもたちが成人して大人になっていく時代には、世界中のいろいろな地域の人たちと国内外で、英語でコミュニケーション力を発揮するケースは、 さまざまな局面で現在よりもさらに増えてくるものと思われます。

 語学は何歳からでも学べますし上達もします。しかし言葉の習得にかけるエネルギーが少なくてすむ子どもの時代に、 よい素材で英語を音から無理なく身につけていただくベースをつくることは、将来、子どもたちが世界を相手にたくましく羽ばたいていくための、 大きな財産のひとつになることでしょう。同時に親子で絵本を媒介にしてすごした濃密な時間は、親にも子にもかけがえのない記憶として残ると思います。

 すばらしい絵本との出会いをこの冊子とともに楽しんでください。いまこの時期にしか味わえない、 ともに絵本の世界を楽しむという経験がすばらしいものでありますよう、心より応援いたします。

英語の絵本クラブ事務局

参加登録すると……

(1)「英語の絵本記録ノート」が届く! 参加登録されたかたには「英語の絵本記録ノート」を1冊お送りします。 (対象のお子さんが2名以上の場合は、お子さまの人数分お送りします)


(2)読んだ英語絵本を記録する!(絵本は英語の音源があるもの) 音といっしょに読んだ絵本を記録していきましょう。目標期間は1年間です。


(3)100冊読書完了! 100冊記録が終わったら、英語の絵本事務局に、記録ノートをお送りください。 完走の認定証とプレゼントリストの中からお好きな絵本を1冊プレゼントします(記録ノートもいっしょに返却します)。

⇒参加登録の詳細はこちらをご覧ください

    英語の絵本記録ノートです。
ノートの画像をクリックすると
電子ブックのページが開きます。

絵本のルール ~どんな絵本を読めばいいの?~

  • カウントできる絵本は、英語の朗読や歌などの音声が付いている絵本
  •   例)CD付属の絵本、iTunesやAudible.comなどの音声ダウンロードサイトから音源が入手できる絵本など
  • 基本的にはストーリー性のある絵本が対象。4ページ以上、すべてのページに絵がついているもの。
  • フォニックス絵本は不可。
  •   ただし、Floopy's Phonics/ Clifford's Phonics Funなど充分にストーリー性があるものはカウント可です。 カウント対象かどうか自信がない絵本は事務局にお問い合わせください。
  • CTPやORTなどのシリーズ絵本もカウント対象です。
  •   ただし、本プロジェクトの主旨から、ひとつのシリーズに偏りすぎずに、色々なタイプの英語の絵本、英語の音に触れることをおすすめしています。
  • 絵本を読んだ後にCDを聞いてもよいですし、絵本といっしょにCDを聞いてもOKです。目的は英語の音を聞くことですので、お子さまに合った方法でお楽しみください。
⇒各コースごとの絵本のルールもご覧ください

3つのコースについて

0~3歳のお子さまは1年間の間に100冊の絵本を読むことは難しいと思います。
そこで、100冊ではなく、読んだ回数をカウントして100回を目指すプレコースをご用意いたしました。
また、第2期より児童英語教室で導入したいと考えている先生のために教室コースをスタートしました。

(1)100冊コース(0歳から小学6年生まで)
1タイトルの絵本を1カウントとします。100冊(100タイトル)の絵本を読んで、記録ノートに記してください。
同じ絵本を繰り返し読むことは、英語の単語や音を定着させるために、とても効果がありますので、絵本を繰り返し読み、回数も記録していただくことをおすすめしています。
(2)プレコース(0歳から3歳11カ月まで)
「プレコース」は、読んだ冊数に応じて記録するのではなく、読んだ絵本の回数でカウントします。
挑戦する絵本のタイトル数は20冊以上。
1冊の絵本を5回繰り返し読んだ場合は、5回分としてカウントします。

(3)教室コース(0歳から小学6年生まで)
「教室コース」では、保護者とともに、英語教室の先生ともいっしょに英語の絵本を読んでいきます。 1タイトルの絵本を1カウントとします。100冊の絵本を読んで記録ノートに記してください。
同じ絵本を繰り返し読むことは、英語の単語や音を定着させるために、とても効果がありますので、絵本を繰り返し読み、回数も記録していただくことをおすすめしています。


記録ノートの提出先

課題を達成したら、以下の住所に記録ノートを送付してください。
認定証とプレゼントの絵本をお送りいたします。記録ノートも返却いたします。

〒151-0053
渋谷区代々木4-36-4
コスモピア「絵本クラブ事務局」宛て

※詳細は、「記録ノート」の最後のページをご確認ください。