4月12日(日) 13:10~14:40

 オバマ大統領と経済金融対策の行方

 鶴田知佳子先生(同時通訳者、東京外国大学教授)
 聞き手:大坪 薫先生(同時通訳者)

 09年2月25日行われたオバマ大統領の施政方針演説を、CNNで同時通訳された
 ツル先生こと鶴田知佳子先生と、同時通訳・会議通訳で活躍され、
 洞爺湖サミットで2カ国間会談の通訳をされた大坪薫先生のふたりが
 繰り広げるイキのよい世界の政治を同時通訳の視点で語るトークショー。

 下記のふたつのテーマを中心に、スピーチをどのように英語学習に
 取り入れればよいかなどにもふれていただきます。

 (1)オバマ大統領の演説の魅力と経済政策

 オバマ大統領の演説の魅力は広く知られるところ。国民に語りかける
 言葉は力強く、この人についていけば未来は明るい、と思わせる。
 しかし、100年に一度の経済危機ともいわれ就任演説で厳しい言葉を
 発せざるを得なかったオバマ大統領。承認された景気対策と金融危機
 対策には、民主党からさえ批判の声があがる。

 (3)危機にたったとき発揮されるリーダーの資質

 白熱する国際会議の現場を知る同時通訳者ふたりが、危機に瀕するとき
 リーダーはどう語りかけるのか、他のリーダーとの比較もまじえながら
 論評する。