日本語を教えてみたいと思ったときに読む本

著者: 大隅紀子/奥村三菜子/眞鍋雅子
NPO法人YYJ・ゆるくてやさしい日本語のなかまたち
四六判書籍182ページ+電子版
定価1,760円(税込)

試し読み

コスモピア・オンラインショップ

■本書購入者は電子版を無料でご利用いただけます
Amazon / honto / 楽天ブックス他、全国書店にて好評発売中

内容紹介

「日本語教師」とは、外国人に日本語を教えるのが仕事です。いずれ「公認日本語教師」として国家資格にとの検討が進む一方で、「日本人なら誰でも日本語を教えられるのでは?」と誤解している人がまだまだ多いのも事実です。
日本語学校・大学・専門学校から、産業人材育成機関や難民支援センター、さらには地域ボランティアまで、日本語教師が活躍する場はいろいろ。本書は「日本語を教える」ことに興味をもった方に最初に読んでいただきたい入門書です。

●教師たちの素顔

異なる環境で日本語を教えている5人に、日本語教師になるまでのストーリー、やりがい、もっとチャレンジしたいことなどをインタビュー。
(1) 日本語学校で専任講師として教える
(2) 大学の非常勤講師として留学生に教える
(3) 地域の日本語教室でボランティアとして教える
(4) 小学校で日本語指導員として外国にルーツをもつ子どもたちに教える
(5) 海外に移住して日本語を教える

●日本語の授業、拝見!

実際の授業の進め方を4コマ漫画を多用して再現しました。授業見学者からの質問、授業の骨格が決まる「シラバス」も紹介します。
(1) 初級の授業編[対面授業]
(2) 中級の授業編[対面授業]
(3) 初級のプライベートレッスン編[オンライン授業]

●日本語教師のあるある

6人のお悩みエピソードを紹介しながら、日本語教師にとって大切なことを探ります。
「外国語能力を生かせると思っていたのに……」
「国語と同じだと思っていたのに……」
「恩返ししたかっただけなのに……」
「正しい日本語を教えなきゃいけないと思っていたのに……」
「あんなに準備したのに……」
「苦手なICTを学ぶなんて……」

 

【お詫びと訂正】
下記の表記に誤りがございました。お詫びして訂正いたします。
p.4, p.6, p.130 計3か所
(誤)技能実習制度*管理*団体
    ↓
(正)技能実習制度*監理*団体

[オンライン書店] こちらでもご購入いただけます。

Amazone-honhontoセブンネットショッピング楽天ブックス紀伊國屋書店ウェブストア

その他