VOAで聞き読み ウクライナをめぐる英語ニュース入門

沢田 博: 解説 山口 西夏: 翻訳 
コスモピアeステーション編集部 編
A5判書籍266ページ+音声ダウンロード
定価1,980円(税込)

コスモピア・オンラインショップ

ダウンロードステーション

★本誌をご購入いただくと「音声付き電子版」が無料で利用できます。
★音声は「音声付き電子版」「簡単ストリーミング再生」「PCへのMP3音声ダウンロード」の3種類をご利用いただけます。

内容紹介

21世紀のこの世界で、国連安全保障理事会の常任理事国であるロシアが、独立した主権をもつウクライナに暴力的に侵攻し、どの国もそれを止めることができなかったという衝撃。
なぜロシアはウクライナを侵略したのか、経済制裁は効いているのか、なぜ国連は「無力」なのか、この戦争はどう終わるのか……。問題点の背景を詳しく解説するとともに、VOAニュース20本を使って英語でダイレクトに情報を理解する素地を養います。

[Part 1] 侵攻前夜—なぜロシアはウクライナに侵攻したのか
[Part 2] 侵攻開始からの経過
[Part 3] 経済制裁とその影響
[Part 4] 国際機関とその限界
[Part 5] 割れる世界
[Part 6] メディアと情報とテクノロジー
[Part 7] 避難民
[Part 8] 戦争の終わらせ方

●VOAニュースを聞いて読んで理解する

アメリカの国営放送VOAの中でも、英語の非ネイティブスピーカー向けにゆっくりしたスピードのニュースを流しているVOA Learning Englishを中心に20本のニュースを厳選しました。左ページに英文、右ページに語注と日本語訳を配置し、見開きで対照が容易なように構成しています。
【収録ニュース例】
・ウクライナは停戦を要求、制裁はロシアを直撃
・バイデン大統領、ロシアの戦勝記念日に第二次世界大戦中の「武器貸与法」を復活
・ロシアのウクライナ侵攻から100日—「勇敢」vs「残虐」
・プーチンを「戦争犯罪」に問うのは難しいかもしれない
・中国、ロシアのウクライナ侵攻にどっちつかずの態度
・欧米のウクライナ支援、中東から見ると「不公平の証し」
・ウクライナ戦争を終結に導く4つのシナリオ

●巻末には約15秒のニュース108本を時系列で掲載

1分間で4本のニュースを流している番組「VOA60」からウクライナ関連ニュースをピックアップしました。2022年1月10日から6月14日まで、1本約15秒の短いニュース108本を時系列で聞くことで、この5カ月間の流れを把握します。

●「頻出英日語句リスト250+」「頻出日英語句リスト100+」

ウクライナ関連ニュースで頻繁に耳にする語句をまとめました。通常とは異なる意味で使われるケースもあるので、知識の総まとめに活用しましょう。

[オンライン書店] こちらでもご購入いただけます。

Amazone-honhontoセブンネットショッピング楽天ブックス紀伊國屋書店ウェブストア

ニュース・時事