決定版 映画で英語をモノにする!

2018年12月17日発売
B5判176ページ+DVD
定価1,463円+税

試し読み

ダウンロードステーション

完売いたしました

内容紹介

いま映画で英語を学ぶメリットとは

映画のセリフは、時代的背景、社会的背景に沿ったさまざまな口語表現でいっぱいです。それらのセリフは、ひとつひとつが一流の脚本家によって練り上げられたもの。ストーリーを楽しみながら、リアルな英語表現を学ぶ素材として、活用しない手はありません。そこで、実際に映画で英語を教えているプロたちが、映画の英語攻略法を伝授します

カラー口絵

ホグワーツから広がる冒険、今回の舞台はパリ!
「ハリー・ポッター」魔法ワールド最新作
『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』インタビュー
エディ・レッドメイン、キャサリン・ウォーターストン、ジュード・ロウ

おすすめ「映画で英語」学習法

「おいしいとこ取り」で気になるパートを徹底的に (曽根田憲三)

英語を学ぶのに役に立つオススメ映画ベスト20

映画で英語を教えるプロ116名にアンケート調査しました。自分が好きな、何度でも見たくなる映画であることは大事。しかし、アンケート結果からは、日本人の英語学習に最適な映画はどのようなものなのか、その傾向が浮かび上がります。

[第1位] 『バック・トゥ・ザ・フューチャー』
[第2位] 『ローマの休日』
[第3位] 『プラダを着た悪魔』
第4位以降、番外編

字幕翻訳者 戸田奈津子氏に聞く

映画で英語をモノにする3つのポイント

(1) なぜこの表現がこういう意味になるの? (岡崎弘信、橋本信一)
(2) 映画の音声がどうしても聞き取れない原因はコレ! (新田晴彦)
(3) 教科書と映画と実際の口語英語はどう違う? (小林敏彦)

市販のスクリーンプレイがある場合とない場合

・「ある場合」の映画で英語学習法 (亀山太一)
・「ない場合」の映画で英語学習法 (ルッケル瀬本阿矢)

付属DVDを使って「いいとこ取り」学習のコツをつかもう

『ローマの休日』 (新田晴彦)
『カサブランカ』 (曽根田純子)
『ふしぎの国のアリス』 (山﨑僚子)

さらに学ぶための学習のヒント

・多視多読のすすめ (井村 誠)
・ディズニー・アニメ攻略のコツは多視多聴 (大庭香江)
・映画を活用して自然な会話をモノにする (横山仁視)
・好きな俳優を先生にして追っかけよう (寶壺貴之)
・古きよきハリウッド映画 (ウォルター・クリンガー)

海外ドラマ・シリーズを使った英語学習のすすめ (角山照彦、飯田泰弘)

映画で英語を学ぶためのカタログ

英語その他