ジャズで学ぶ英語の発音

中西のりこ、中川右也 大塚悠祐 協力
A5判+MP3式CD-ROM1枚付き
本体価格2100円+税

コスモピア・オンラインショップ

内容紹介

スタンダード曲を歌って発音を磨こう

長く歌い継がれてきた名曲は、伝えたいメッセージと音のイメージがピッタリ合っています。スタンダードナンバーで練習すると、その曲がうまくなるだけでなく、会話の中でも自分の言いたいことを気持ちを込めて相手に効果的に伝える力がつきます。歌だから、リズムとイントネーションの感覚も同時に定着します。好きな歌は何度でも繰り返して歌いたくなるもの。特に、じっくり歌い上げるスタンダードナンバーは発音のごまかしが利かないため、正しい音をマスターするにはピッタリです。大学で英語を教えている著者の中西先生は、発音練習は万人向き、「英語だけは、中学のときから真面目にやってきました」という学生さんも、「オレは、英語だけは、ゼッタイでけへん!」となぜか威張っている学生さんも、練習すればみんなできるようになると言います。

10グループの音を練習すると、すべての英語発音が上達する

 「イ」「イー」の音がたくさん含まれた歌を歌うと、「笑顔になる音」をマスターできます。本書が採用した10曲は、さまざまな英語の発音を網羅するように選曲されています。歌詞をじっくり味わいながら、声を響かせて練習しましょう。

  1. 笑顔の音、陽気な音『チーク・トゥ・チーク』
  2. 甘えん坊の音、畏怖の音『サムワン・トゥ・ウォッチ・オーヴァー・ミー』
  3. でしゃばらない音、献身的な音『ラヴ・フォー・セール』
  4. 遊び心の音、複雑な音『スイート・ジョージア・ブラウン』
  5. 重い音、暗い音『クライ・ミー・ア・リバー』 、
  6. 軽やかな音、前進する音『ルート66』
  7. 心残りのする音、停滞する音『バイバイ・フラックバード』
  8. 密やかな音、静けさの音『マック・ザ・ナイフ』
  9. 重厚な音、壮大な音『慕情』
  10. 優しい音、柔らかい音『君微笑めば』

CDで発音の変化を公開!

本書の企画に参加したのは、特に英語の訓練を受けていない10名のヴォーカリスト。趣味またはセミプロをめざしてジャズを歌っている人たちです。付属のCDには「練習前」「練習後」の発音を収録し、最後にピアノ伴走に乗せた楽曲を披露しています。中西先生のDJ風の乗りのいい講義を聴きながら、楽しくレッスンしましょう。

目次

※クリックするとpdfが表示されます。

英語その他